一戸建て購入の失敗談

家にこだわりを詰め込んでも実際は使わない機能も多いと気づきました

購入した物件タイプ
一戸建て

都道府県
埼玉県

家を購入した時の年齢
38歳

家探しから購入までにかけた期間
2年

住宅ローンの借入先
住宅ローンはなし

不動産屋選びで重視した点

不動産屋を選ぶときに重視したところは、不動産屋さんの方が親身になって私の希望を聞いてくれるかどうかということです。

希望額を伝え、条件を伝え、譲れないところなどを話しました。

その条件すべてに合う家を建てるのは難しいと思っていましたが、ある程度近づけてくれるような努力をしてくれるかが重要だと思いました。

それと、相性も決め手でした。いくら良い条件の家を提示してくれたとしても、気持ちよく家を購入するには不動産屋さんのスタッフと相性が良くないと嫌だと思いました。

家を購入するにあたり下調べしたことや注意を払った点

下調べしたことは、まずその土地がどういった土地であるかを調べました。

周りにどんな人が住んでいるのかというのから始めました。素晴らしい家を購入して住むことになったからといって、周りにうるさい人が住んでいたりゴミ屋敷があったのでは住みにくいに決まっています。

あとは、交通環境がどうなっているのかも調べました。

高速道路から遠かったら不便ですし、駅から遠くても不便です。病院から遠くても不便ですし、子供の学校から遠くても不便です。いろいろな所へのアクセスがいい場所かどうか入念にチェックしました。

その他では、騒音の有無も調べました。

昔住んでいた家は近くにアメリカの基地があったため、ひっきりなしに飛行機が飛んでうるさかったんです。そんな生活ではリラックスして生活できるはずがありません。のんびり過ごそうと思っている土地の周りで1日過ごし、騒音の有無をチェックしたりもしました。

あとは、不動産屋さんの評判ですね。

家を購入後に後悔している点や、これから家の購入を検討している方に向けてのアドバイス

機能性にこだわったものの、利用しないものも出てきてしまった点は後悔しています。

例えば、ウッドデッキが家についていたら週末はバーベキューとかできていいなと思っていましたが、実際はほとんど使用することがありませんでした。

あとは、季節によって大変なこともあります。

夏場はどこからか大量に虫が発生して、家の中に入ってくることもしばしば。

冬場は冬場で、家の前の道が坂になっている私道のため、雪の時が大変です。除雪車は一切来てくれませんので、自分たちで雪かきしないといけません。

それから住んでみて分かったのですが、我が家は3階建ての家にもかかわらず、家族がみんな1階だけで生活していて、2階と3階はほとんど物置状態になっています。なので、家をもう一回建てられるなら、広い土地に平屋を立てたいと思っています。

これから家を購入される方は、とにかく慎重すぎるくらい慎重に家は購入すべきだと思います。