一戸建て購入の体験談

家そのものだけでなくインフラも含めた住環境をチェックすべき

購入した物件タイプ
一戸建て

都道府県
埼玉県

家を購入した時の年齢
38歳

家探しから購入までにかけた期間
3か月

住宅ローンの借入先
JA

不動産屋選びで重視した点

経営そのものが危なくないかという点は重視しました。そうしないと売る事ばかりに精を出すでしょうから。

こちらとしては一生住むつもりの家を探しているのに、色々と問題があるような場所を勧められても住む前には
その真偽が分かりませんから。

あと、個人的なイメージですが、不動産屋さんは調子の良さそうな方が多いように見えてしまっていたので注意していました。そういう意味では信頼できるかどうかという意味も含まれますね。

家を購入するにあたり下調べしたことや注意を払った点

ご近所の雰囲気は一番気になりました。

当時の家の近くには大量に建てられた建売住宅があり、そこに入居した方々の噂話によると、同じような家族構成だったりすると色々と張り合う事もあるらしく、面倒くさいという話を聞きました。

また、新しい人が沢山集まると中には面倒な方もいたので、そういった新興住宅地はなるべく避けたいと思っていました。

あとは環境も重要視しました。

勧められた物件の中には、値段的にも広さ的にも良いものもあったのですが、家のすぐ前に広くて交通の量の多い道路がありました。

最近の住宅は防音性が良いので家の中ならば大丈夫かなとも思ったのですが、やはり窓を開けると音がうるさいですし、交通量の多さから考えると排気ガスの影響も色々とあるので、購入を見送りました。

洗濯物に排気ガスの臭いがつくのも嫌ですからね。

家を購入後に後悔している点や、これから家の購入を検討している方に向けてのアドバイス

購入後というか、ご近所にも家が増え始めてから「ああ……」と後悔したことはあります。

たとえば、居住地域にはまだ下水道が完備されていなくて、浄化槽での排水になっています。

家を購入した頃はまだ家も少なく、浄化槽での臭いもそれほど気にならなかったのですが、新しく建てられた方の家の浄化槽が我が家の窓のすぐ脇になっていました。

最初の頃はそれほど気にならなかったのですが、住んで数年になると段々匂いが強くなり、最近では窓を開けられない程臭くなってしまいました。

まだまだ浄化槽の地域はあるかと思いますが、できる事ならば浄化槽の地域ではなく下水道完備の地域をお勧めしたいと思います。

あとは燃料費の関係で考えると、都市ガスも完備の方がありがたいですね。プロパンガスで生活をした事がなかったので、ガス料金の高さに驚きました。

その後、我が家はオール電化にしましたが、このオール電化も電力の自由化で今後どうなるかわかりませんし、災害対策も十分ではありません。

そういったインフラ面も考えての購入をお勧めします。