マンション購入の成功例

家を売却することを想定して購入する物件を探しました

家の購入には何千万円もの大金がかかります。

そのため、購入してから
あ~!もっとこうしておけば良かった!
も~!これは必要なかった!
と後悔しても後の祭りです。

もちろん住んでみないと分からないものもありますが、それでも事前に防げるもの・対策できるものは手を打っておきたいですよね。

ここでは「一戸建て」「注文住宅」「マンション」の3タイプ別に、実際に家を購入された方の体験談や失敗談を集めています。

これから家を購入される方はぜひ参考にしてください。


家の購入 体験談・失敗談1

購入した物件タイプ
マンション

都道府県
東京都

家を購入した時の年齢
32歳

家探しから購入までにかけた期間
3年

住宅ローンの借入先

芝信用金庫

不動産屋選びで重視した点

もともと私も家内も実家が関西でしたので、不動産を購入するにあたっては最終的に関西に戻る前提でした。そのため売却が前提となり、できるだけ高く売れる物件を探していました。

また、せっかく購入するならば、贅沢な共有施設がついているタワーマンションで、住所もプレミア感があるところにしようと計画していました。

そのため、不動産屋さんに関してはあまり重視しておらず、物件ありきで検討を進めていました。

家を購入するにあたり下調べしたことや注意を払った点

我が家の場合は将来的にいかに高く売却することができるかを最重要ポイントにしていましたので、立地、住所、マンションの共用施設、ブランドなどもかなり最初からこだわって探しました。

多少初期投資がかかってしまっても最終的に売却益を得ることができる家、最悪高く売れなくても損益が最小限で済む家を購入したかったからです。

あとは子供が二人いましたので、もちろん学校に近い環境か、図書館やスイミングスクールといった施設が近いかどうかも大きなポイントになっていました。

とはいえ、準備資金の都合もあるので、それなりにリーズナブルであることも大事です。

最終的には都心の大規模マンションをピックアップし、その中でお買い得な物件を探しました。

気になる物件があれば、たとえそれが新築物件であっても、建築前のかなり早い段階から情報を得ては商談に行きました。

お買い得物件はとにかく早い段階から色々と動くので、自分たちも遅れを取らないよう早いタイミングでの情報収集とそれにともなう判断が重要だと考えていたからです。

家を購入後に後悔している点や、これから家の購入を検討している方に向けてのアドバイス

実際に物件を探し始めてから購入を決定するまでに2年。そこから物件が竣工して入居するまでにさらに2年と、非常に長いスパンのお買い物でした。

その間にも構造説明会、オプション選び、組合結成、ローン説明会、引越し決定など、とにかくイベントごとが多いことには驚きました。

しかし、人生で最も大きな買い物となればこれも致し方ないと思います。これだけの買い物を簡単に決めてしまうことは正直不安ですからね。

本当はもう少し長く住みたかったのですが、仕事の転勤が急遽決まってしまい、実際には3年しか住むことができませんでした。新築で同じような家族構成の友人も沢山できたのでなおさら残念でした。

しかし、当初の目的通り、家は購入時より高く売却することができて非常に満足のいく結果となりました。

ちなみに、家を売却する時は不動産一括査定サイトを活用して最も高く査定額を提示してくれた不動産屋に売却をお願いしました。不動産一括査定サービスというものを全く知らなかったのですが、一戸建ての売却をされた方の日記サイトを参考に使ってみたところ大変便利な無料サービスでした。

これから購入する方にお伝えしたいことは、とにかく人生で最も高い買い物になりますので、予算と相談しながらも妥協することなく物件選びをしてほしいと思います。


家の購入 体験談・失敗談 一覧

家そのものだけでなくインフラも含めた住環境をチェックすべき(一戸建て)

家を売却する時と高齢化に備えて、自分たちなりの選定基準を細かく決めました(マンション)

注文住宅なら生活動線や日常の汚れ対策もきちんととろう(注文住宅)


口コミ・体験談 投稿フォーム